Links


日本リウマチリハビリテーション研究会:本研究会の母体となる研究会です.

http://jarr-omc.sakura.ne.jp/about_us.html

原著者のSARAHチームが作成した,セラピスト向け教育サイト「iSARAH」です.作業療法士・理学療法士の方が対象で,受講にはIDが必要です.ID交付はSARAHチームが行います.交付希望の方はお問い合わせフォームに記入願います.

https://isarah.octru.ox.ac.uk/

本研究会運営者の報告です.SARAH邦訳に関する資料の紹介を行っています.特に制限なく,森ノ宮医療大学のリポジトリからダウンロード可能です(森ノ宮医療大学紀要13号).

https://morinomiya.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=123&item_no=1&page_id=13&block_id=25

そのほか,リウマチリハビリテーションに関連するリンクを紹介いたします.
リンク先の外部サイトの内容に関しましては,責任を負いかねますことをご了承ください.

引用文献

  • Lamb S, Williamson E, Heine P, Adams J, Dosanjh S, Dritsaki M.  Exercises to improve function of the rheumatoid hand (SARAH): a randomised controlled trial. Lancet.  2015; 385(9966): 421-429.
  • The National Institute for Health and Care Excellence (NICE). “Rheumatoid arthritis in adults: management”. The National Institute for Health and Care Excellence (NICE). https://www.nice.org.uk/guidance/ng100/chapter/Recommendations#symptom-control, (accessed 2018-11-1).
  • Srikesavan C, Williamson E, Cranston T, Hunter J, Adams J, Lamb SE. An Online Hand Exercise Intervention for Adults With Rheumatoid Arthritis (mySARAH): Design, Development, and Usability Testing. J Med Internet Res. 2018; 20(6): e10457.

SARAHに関する本研究会会員の文献

  • 中村めぐみ,谷村浩子,荒木泰子,佐浦隆一. 関節リウマチの手に効果的なハンドエクササイズプ ログラムStrengthening and Stretching for Rheumatoid Arthritis of the Hand(SARAH)の紹 介─セラピストによる活用にむけて─ .森ノ宮医療大学紀要.2019, 13:45-62.
  • 谷村浩子.RAリハビリテーションの現在~SARAHの紹介を中心に~.JARR. 2018; 32(1): 4-8.
  • 中村めぐみ,谷村浩子.Strengthening and Stretching for Rheumatoid Arthritis of the Hand (SARAH)の日本語訳.JARR. 2018; 32(1): 84-89.